キャンプ アクティビティ【supフィッシングのすすめ】道具編

ひろっしー

キャンプアクティビティ

 

エリー

supボードで魚を釣るぞ〜

 

ひろっしー

美味しいお魚を釣るぞ〜

 

エリー

supフィッシングを始めるぞ〜

 

ひろっしー

ん?

 

エリー

どんな道具が必要なんだろう?

 

今回は、キャンプ アクティビティ【supフィッシングのすすめ】道具編をみていきます。

 

supフィッシングってどんな道具が必要なのか?

 

これは、海と湖ではかなり違ってきます。

 

海の場合は、沖にでますので、水深がかなり深くなってきます。

 

私がよくやる海のポイントでも水深50メートルくらいありますから。

 

やはり水深があると、タックルやルアーにも影響が出てきます。

 

それなりの水深でも釣りができる道具を揃える必要があります。

 

それは海の場合で、湖でしたら、基本的には、陸釣りの併用で大丈夫です。

 

今回は、キャンプアクティビティとしてのsupフィッシングですので

海でのsupフィッシングと湖でのsupフィッシングの

両方で使える道具を導いていきたいと思います。

 

経験から導き出した答え

  • スピニングタックル
  • フラッグシップはいらない
  • コンパクトロッド
  • スプール2つ

 

詳しくみていきましょう。

キャンプ アクティビティ【supフィッシングのすすめ】

キャンプアクティビティとしてのsupフィッシング

 

 

今回は、キャンプ アクティビティ【supフィッシングのすすめ】道具編ってことなんで

主はキャンプアクティビティです。

 

キャンプアクティビティって枠の中のsupフィッシングです。

 

となると、やはり湖が主体となると思います。

 

ひろっしー

なぜか?

 

海のポイントが少ないからです。

 

海のポイントって、天候や環境や地理に物凄く左右されちゃうんですよね。

 

ひろっしー

だから、基本的にできるポイントが少ない!

 

そして、海でのsupフィッシングは危険です。

 

湖でのsupフィッシングより危険です。

 

どんなところが湖でのsupフィッシングより海でのsupフィッシングのほうが危険か書き出してみます。

 

流される

 

この一点です。

 

海は流されます。

 

海でのsupフィッシングはとにかく流されます。

 

ひろっしー

え?っていうくらい流されます

 

風と海流(潮の流れ)が一致しちゃうとかなりのスピードで流されちゃいます。

 

ひろっしー

これ、ホント危険です

 

ホントに危険なので、少しでも風があったら、初心者の方はやらない方が良いです。

 

注意
指標は風速5メートル!

 

初心者の方は風速5メートルを超えたらsupフィッシングはやらないでください。

 

海流(潮の流れ)の強さなどは、わかりにくいので、地元の方に聞くとか、ググッたりしてみて調べてからsupフィッシングを行ってくださいね。

 

基本的に、外洋はsupフィッシング向きではありません。

 

内海(湾)になっている海の方がsupフィッシングに向いています。

 

supフィッシングを行うポイントは、必ずご自分で調べてから釣りをしてくださいね。

 

ひろっしー

ホント危険ですからね!

 

それに比べて、湖でのsupフィッシングは安全です。

 

湖は基本的に、流れがありません。

 

風の影響だけを考えれば良いので、比較的容易にsupフィッシングを始められます。

 

朝は風も少ないので、朝のsupフィッシングをおすすめします。

 

朝は湖面も綺麗で最高に気持ちいいですよ。

 

キャンプアクティビティとしてのsupフィッシングが湖が主体となるというのは、キャンプ場の多さも関係してます。

 

湖畔のキャンプ場ってかなりの数がありますからね。

 

その分、キャンプアクティビティとしてのsupフィッシングも成立しやすいです。

 

ひろっしー

ここでまとめます

 

キャンプアクティビティとしてのsupフィッシングが湖主体な理由

  • 比較的安全
  • 湖畔のキャンプ場が多い
  • 初心者向き

 

この3点です。

 

キャンプアクティビティとしてのsupフィッシングでおすすめなのは、まずは湖でsupフィッシングをやってみて、なれてきたら海でのsupフィッシングもやってみるってことですね。

 

ひろっしー

この道筋が良いと思います

 

それに伴い、supフィッシングで使う道具(タックル)なども湖と海とで併用できるものが良いと思います。

 

supフィッシングをやる上で必ず必要になってくる道具もありますので、それらも紹介します。

 

キャンプ アクティビティ 【SUPボードのすすめ】

 

キャンプアクティビティとしてのsupフィッシング道具【経験から導き出した答え】

 

 

スピニングタックル

 

湖と海とで流用できるものと考えたときには、スピニングタックルでもベイトタックルでも良いのですが、初心者の方が扱いやすいのは、スピニングタックルです。

 

しかも、スプールを変える事により糸巻き量やラインの種類を容易に変える事もできますので、私としては、スピニングタックルの方をおすすめします。

 

スピニングタックルならば、ルアーの種類を選びませんし、エサ釣りだって、なんだってできます。

 

軽いルアーから重いルアーまで、1つのスピニングタックルである程度対応できます。

 

対応力があるのは、スピニングタックルの方です。

  • ベイトタックルか?
  • スピニングタックルか?

 

2つに1つを選ぶとしたら、スピニングタックルの方が良いです。

 

ちなみに私は、ベイトタックルとスピニングタックルの2つをsupフィッシングに使用します。

要するに、2タックルをsupボード上に持ち込みます。

 

本当なら2タックルをsupボード上に持ち込むのをおすすめしますが、とりあえずの1タックル。

 

キャンプアクティビティとしてのsupフィッシングでしたら、スピニングタックルだけで、大丈夫です。

 

フラッグシップはいらない

 

フラッグシップとは、最高位機種です。

 

シマノのリールでいえばステラ

 

 

ダイワのリールでいえばイグジスト

 

 

この辺のフラッグシップはsupフィッシングには、要りません。

 

ひろっしー

なぜか?

 

supフィッシングは道具を落とすリスクがそれなりに高いですし、水を被るリスクも高いです。

 

ひろっしー

そんな過酷な状況下で、フラッグシップは使えませんよw

 

ひろっしー

もったいないよw

 

エリー

値段が値段ですからね

 

しかも、キャンプアクティビティとしてのsupフィッシングですし、本気のsupフィッシングならともかくね。

 

ひろっしー

でもキャンパーって、道具好きじゃないですか?

 

エリー

カッコいい道具好きじゃないですか!

 

だから、安物を買うのは辞めた方が良いですね。

 

性能はもちろんのこと、所有感を満たしてくれる、中堅機種を、おすすめします。

 

 

ひろっしー

こんなのとかおすすめです

 

カッコいいし、性能も良いし、値段もそこそこですし。

 

安物買いの銭失いには、気をつけましょう。

 

コンパクトロッド

 

キャンプアクティビティとしてのsupフィッシングですので、荷物は小さくしたいですよね。

 

コンパクトロッドってのは最低限必要な条件です。

 

湖と海とで、併用したいのでルアーの振り幅が大きいコンパクトロッド。

 

ひろっしー

強いし短いし繊細なコンパクトロッド!

 

エリー

5 or 6フィート代で、仕舞寸法60センチ以下

 

この辺のロッドがあれば、最高ですよね。

 

ひろっしー

トラベルロッドとしても使えますからね!

 

エリー

そんなある?

 

ひろっしー

あります

 

 

このレベルのロッドだと良いですよね。

 

無理な場合は、何かを諦めるしかないですよね。

  • 強さなのか?
  • 仕舞寸法なのか?
  • 繊細さなのか?
  • コンパクトさなのか?

 

スプール2つ

 

 

スピニングタックルの良さの1つです。

 

スプールを2つ用意すれば、ラインを選べるってことです。

 

海では、水深の深いところで、重いルアーやタイラバなども使用しますし、ジギングもします。

 

そうしますと、ラインの抵抗を抑えたいし強度が必要になるので、peラインを使いたいです。

 

湖では、ラインキャパもラインの強度もそこまでいらないので、ナイロンやフロロカーボンのラインで大丈夫ですね。

 

こうなると、いちいちラインを巻き替えるより、スプールを2つ持っていれば、海用湖用と分けて使うことができるので便利です。

 

私も実際にスプールを2つ使い分けて使用しています。

 

キャンプアクティビティとしてのsupフィッシングで使う道具紹介

 

 

supフィッシングで使う道具(タックル)

 

supフィッシングをやる上で必ず必要になってくる道具

まとめ

 

 

今回はキャンプ アクティビティ【supフィッシングのすすめ】道具編をみてきました。

 

ひろっしー

どうでしたか?

 

キャンプアクティビティとしてのsupフィッシングの道具と、ガチのsupフィッシングの道具では若干違うのですが、今回はキャンプアクティビティとしてのsupフィッシングです。

 

キャンプアクティビティとしてのsupフィッシングの道具としては、最善の道具を紹介できたと思います。

 

注意
ポイントは、流用ですね。

 

振り幅が大きい道具で海と湖や、いかなる環境も対応できるようにするのが、キャンプアクティビティとしてのsupフィッシングの道具です。

 

そして、いかに小さく少ない道具でsupフィッシングを行えるか!

 

これにかかっていると思います。

 

キャンプは、どうしても荷物が多くなりますので、アクティビティとして、荷物は小さくまとめたいですよね。

 

趣味の道具って果てしない欲求ですよね。

 

最後はやはり、所有感や満足感だと私は思います。

 

なにに、重きを置いて考えるかです。

 

考えた挙句、フラッグシップは要らないって書いましたが、結局はフラッグシップでしか満たされない所有感や満足感ってあるんです。

 

スピニングタックルのほうが、流用できて便利で初心者へは優しいタックルなんですが、ベイトタックルでしか味わえない釣りもあるんですよ。

 

むしろベイトタックルの方がバーサタイルですし

 

趣味の世界なので、趣ってのがあります。

 

最後は好みだし、「あなたの好きな、満足いく道具を愛でて使用してください」

 

これにたどり着きます。

 

キャンパーなら、道具を愛でるってのがわかると思いますが、ホント最後はコレなんですよね。

 

ひろっしー

最新機種のフラッグシップが好きな方もいれば、古くよくわからない道具が好きな方もいるしw

 

ただ、今回はキャンプアクティビティとしてのsupフィッシングの道具なので、とりあえず始めてみる方向けに紹介してみました。

 

supフィッシングで美味しいお魚を釣ったり、楽しい思い出を作りましょう。

 

それでは、また!

 

良いキャンプアクティビティを!

 

そして、良いsupフィッシングを!

 

遊びをキャンプにシフトする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA